ヾ(*‘ω‘ )/

珈琲店さん記録用

20160306

【3/6ZEAL LINK渋谷インスト1部レポ】

並びはみゆカt輝。

 

司会「皆様ご存知かと思いますが自己紹介を」
カ「ご存知だと思いますが、ベースのカノンです」

 

Q.「JIBUN」の聴きどころ

輝「どうですかカノンさん!」
カ「言ってやれ言ってやれー!」
輝「言っていいよカノンさん」
カ「Aメロのベースがカッコイイです」
輝「どうですかたくや」
た「Aメロのギターがカッコイイです」
輝「どうですかみくさんAメロの歌は」
み「Aメロはあんまりです(笑)」
落ちサビ推しのみくさん。アカペラで歌ってくれた。

み「ここで初めて「君」って単語が出てくる。そこまでずっと自分だったのにここで急に君って、えっ私?って」
歌う時に「君」の所で客席振り返ったんだけど
輝「そっちに振り返ってよかった(笑)こっちだとゆうきだったから」

輝「どうですかゆうきさん」
ゆ「イントロのところでおっ!ってなる」
ライブの時もおっ!(びっくり)ってなるゆうきさん(笑)
勢いがあるという話。
輝「ゆうきがライブの時結構歌ってるんですよ。そん時のゆうき見れば(イントロの熱さが)わかると思う」
み「じゃあCメロ歌うんで動きやってください」
やる。
輝「ライブの時は「君」のところで指さしたりしてる」
み「(今指差しはやらなかったので)場所が悪かったー?どこがいい?」
輝「スノーシーンで「雪が降り出すー」のところでこう(やる)(勢いよく下に動く)ゆうきが降ってくる(笑)」

この辺の話だったと思うけど
輝「耳はみっくんの歌聞いて目はゆうき見て」みたいな話もあったと思う。


Q.ひな祭りでしたね!将来自分に娘が出来たらどんな風に育てますか?

カ「(´≖ω≖`)ー?」
全員難しい顔して黙ってた(笑)

み「結婚願望無いし子供嫌いだからー」
輝「でもうちの姪っ子かわいいかわいい言ってましたよね?」
み「…。かわいいんだよ、顔が」
モデルとかやれば?他にない顔してるし芸能界目指せば?的な話。

み「ゆうきは例えばニャッピー(犬)とか子供とかに近寄らない」
ゆ「嫌われるかなーって。傷つくのがやだ」
犬とかいたらーみたいな話で人の影に隠れる動作
輝?「それ不審者じゃん」
み「じゃあカノンさんが猫になってさー、」
ゆ「え?!」
カ「???」
輝「まず猫になって(笑)」
カ(猫を憑依させる)
ゆ「…るーるるー」
誰か「それ狐(笑)」
カ(じーっと見た後ねこぱんち!)
み「るーるるーが違ったんじゃない?(笑)」
ゆ「(動物と)仲良くなるための魔法の呪文だと思ってる」

輝「で、質問なんでしたっけ?(笑)」

輝「そこそこ厳しく育てる」
自分がそこそこ厳しく育てられてそれでよかったなーって思ってるから的な。
輝「たくやは?」
た「えー」
輝「酒飲ませちゃダメだからね!(笑)」
た「それはないけど(笑)放任主義で。(なんか言ってたけど全然聞き取れなかった)」
輝「そもそも結婚したくない?」
た「んーっていうかそーゆーの想像したことがない」

輝「さっきからカノンさんが固まってるのはなんだー?」
カ「…よし、教育方針が決まった(`・ω・´)」

カ「ニュースとか見て「やーなんで制服盗んじゃったんだろうねー」とかって(笑)、反面教師にしてー」
輝「なんか似たような話前してたね?」
人前でおならするのは恥ずかしいことではないから自ら積極的に遠慮せずにおならしてこう的な話。
カ「あといつでも逃げていいよって」
小学校とかなんかあっても逃げ場ないじゃん、そういうの我慢しなくていいよ的な話。
輝「カノンさんは逃げっぱなしだからねー(笑)心が荒んだら銚子に連れてって。銚子の水族館めっちゃ空いてるけどイルカショーの声めっちゃ聞こえるの!「なになにくんがこれこれしまーす」みたいの、でもきっと見てる人誰もいないんだろうなー!って!

はい!(次行きましょのはい)」


Q.春から始めたい事。

カ「なんだろー?」
輝「ゆうき!」
ゆ「えっ!」
輝「なんかありそう?…みっくんとか」
み「ないないない」
カ「あっあったかも。ちょっと自炊をしようかなーと」
他「おー!」
カ「ごはんつくったり、…ごはんつくったり。毎回コンビニで買ってるとお財布がねー」
輝「近くにスーパー無いの?」
カ「めん、どく、さい。」

カ「道路1個渡んなきゃいけない」
輝「それだけ?」
カ「んーTポイント溜まるし、袋いらないって言うと更に2ポイント貰える」
輝「スーパー行こう!」

輝「初心者でも簡単に作れるメニューありませんか」
シェフおみくさまへ投げる。
輝「あ、コンロ1口で」
み「やっぱチャーハン?」

頭をよぎるこれ。

f:id:u__ppy:20160306220300p:image
み「ウェイパーっていう」
説明。
み「ゆうきが深く頷いてるけどウェイパー知ってんの?」
ゆ「知ってる!缶とチューブがあってグラム数と値段計算して缶の方が安い」
み「だから缶にしたよ!」
輝「…だそうですよ」
カ「よしやろう!」
輝「なんで(笑)(一緒にやることになってんの的な)」

この話の途中でカノンさん「パラパラに…」って言いかけてたけど話に合流出来なくてしぼんでたからみくさんはパラパラチャーハンの作り方カノンさんに教えてあげて(笑)

輝「カノンさんが作ってる間に俺はスーパーまで歩くよ」


Q.昨日のスカイダイビングどうだった?今まで怖かったこととどっちが怖かった?

輝「1番に飛んだのゆうきだよね?」
ゆ「どこに飛ぶのかわかんなくて」
み「わかるよー!旗立ってたよー!」
ゆ「最初に雲の上まで行っちゃったから(視界が)」
み「ああそうね」

輝「2番目に飛んだのがカノンさんでしたね」
カ「雲の中が真っ白でいろんなこと考えた。死後の世界ってこんななのかなーとか」
輝「だから降り立った時虚ろだったのね」
カ「何かあって報道とかされたらとか」
輝「ヴィジュアル系バンドアンティックコーヒーてんかっこカフェと読む、」
カ「あでも気持ち悪かった」
輝「ゆうきは降り立って普通だったけど確かにカノンさん青かった。花粉症と相まってウルウルで完全に泣いちゃって(るみたいだっ)た。カメラさんも泣かないでー!泣かないでー!って(笑)」

み「顔ばっかり気にしてた(笑)落ちながらこうやって(前髪直す動作)」
輝「時速250kmとかでいくらやったって(笑)」
み「あとメガネ外した方がかっこいいかなぁとか思って」
輝「やってたの?!」
み「ちょっとやってたけど(中略)やめた」
輝「確かに帰って来た時1番余裕だったね」

輝「4番目、ぬぐいしさん」
た「飛ぶ直前までは平気だった。でもつなぎ着て、金具つけてから、これだけ?!って思って。そっからもうビビりまくってた」
輝「俺見てないんだけどスタッフさんが「やばーい↑映像使えないかもしれなーい↑」って」
た「たぶん1番ひきつってたと思う。そしたらもうかっこつける必要ないやって(笑)」
輝「自分革命起こってるね?!!!」
た「(笑)でもたしかに世界は変わった(笑)」

た「で、最後どうですか?」
輝「飛び立つ瞬間の海老反りのポーズやんなきゃってそればっかり考えてた」
み「俺もそれ考えてた!海老反りが綺麗に決まりすぎて後ろの人に頭突きしちゃったらどうしようって!」
輝「インストラクターさんいなくなっちゃったらね(笑)」
み「いるという安心感!」

輝「戦争の映画想像した」
み「イメージとしては「永遠の0」(私が嬉しすぎる)、ご存知ですか?零戦がこう、そんな感じ」

輝「みっくんと言ってたのは次行ったらもっと高いところから行ってみたい。案外パラシュート開くのが早くてー」


口演奏青春TRAIN。みくゆうきは入れ替えてたのかな。ゆうきさんは動きの方がメイン。


締めの挨拶でカノンさん「手紙とか、ついったーとか、ブログとか、…もう無いか。感想ください」

広告を非表示にする